スマホ首

今日はスマホ首(ストレートネック)について書かせて頂きます。

ストレートネック(スマホ首)とはその名の通り、首の骨がまっすぐに近づいている状態を意味します。

人間の頚椎は7つの椎体によって構成されていますが、本来であれば緩やかに前弯しています。

そのアーチ構造によって、頭の重さをナチュラルの支えることができるわけです。

ストレートネックになると、通常よりも顔の位置が前に出てしまいます。

また、布団に横になった時、枕と首の間に隙間ができる傾向も見られます。

簡単にストレートネックをチェックするには、壁際に立ってみましょう。

壁にかかととお尻、肩を付けた時に、頭が壁から離れている、もしくは意識しないと頭が壁につかないような場合、ストレートネックになっている可能性が高いです。

ストレートネック(スマホ首)の原因について

ストレートネック自体は病気というわけではありませんが、頚椎アーチが損なわれることで、さまざまな不調のリスクが増してしまいます。

では、なぜストレートネックになってしまうのでしょう。

・スマホの見過ぎ

ストレートネックはスマホ首ともいわれるように、スマホの普及にともなって増加傾向にあります。

私たちの頭は体重の10分の1程度の重さがあるとされ、重力の影響で首には常に負荷がかかることとなります。

頚椎アーチがしっかりしている場合、首にかかる負荷は4㎏から6㎏程度とされています。

この程度の負荷による筋緊張であれば、一晩休むことで回復が期待できます。

ところが、顔を前に傾ける角度が大きくなるにつれ、首にかかる負荷も増していきます。

仮に顔を前に30度傾けた場合、首にかかる負荷はおよそ18㎏にまで跳ね上がります。

このような状態が続くことで首の筋肉が緊張し、硬くなった筋肉によって頚椎が引っ張られ、徐々に首の骨がまっすぐになっていってしまうのです。

・視力の低下

パソコンやスマホの画面を見る際、視力が低下してくると、必然的に画面へ顔を近づけることとなります。

その結果、ストレートネックのリスクが増すこととなります。

・骨盤の後傾

長時間のデスクワークなどにより骨盤が後傾すると、姿勢が猫背気味になります。

骨盤が後傾するとバランスをとるため、顔の位置が前へスライドします。

その結果、ストレートネックのリスクも増すのです。

ストレートネックを治すには姿勢の指導から始まり、ストレッチとマッサージが効果的です。

東京の企業出張マッサージ「OASIS INC.(オアシスインク)

関東地域の企業出張マッサージ「OASIS INC.(オアシスインク)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA