パーキンソン病

本日はパーキンソン病について書かせていただきます。パーキンソン病は、脳の中の神経に異常が起こることで発病し、50歳~60歳以降に多くみられます(40歳以下で発症するものは若年性パーキンソン病と呼ばれます)。
ゆっくりと進行する病気で、日本では約10万人以上(約1,000人に1人)が発病していると推定されています。
 
パーキンソン病の原因

パーキンソン病は、脳の奥の「黒質」と呼ばれる場所にあるドパミン神経が減少することになって発症します。
ドパミンとは、人間が思った通りに体が動くよう運動の調節を司令している「神経伝達物質」のことをいいます。
パーキンソン病になると正常のドパミン量の20%程度に減少し、脳内での運動調節が出来なくなり、体の動きに障害が現れます。
その他にも非運動症状と言って、中枢のアセチルコリンやセロトニンなども減少するためにうつ症状・睡眠障害などの精神的症状が現れたり、自律神経もダメージを受けるので、便秘・頻尿・起立性低血圧が現れることもあります。

パーキンソン病で起こる代表的な4つの症状

パーキンソン病の代表的な症状は、「振戦(しんせん)」「動作緩慢(かんまん)」「筋固縮(きんこしゅく)」「姿勢反射障害」と4つあります。
病気が進行すると日常生活に支障をきたします。
振戦(しんせん)
安静にしているときに、手や足に細かな震えが生じます。
動作緩慢(かんまん)
「無動」や「寡動」と表現することもあります。
動作が鈍くなり、歩く速度が遅くなります。
歩幅も狭くなり、腕の振りも小さくなるのが特徴です。
筋固縮(きんこしゅく)
腕や足、体幹の筋肉が強ばって固くなりスムーズに動かすことが困難になります。
関節の曲げ伸ばしをした際カクカクした不自然な動き方(歯車現象)をします。
姿勢反射障害
体のバランスが悪くなり、転びやすくなります。
重心が傾いてしまうと元の姿勢に戻すことが難しくなります。
※姿勢反射障害は発症早期からでは無く、数年経過してから起こる事が多いと言われています。

パーキンソン病のリハビリテーション

障害が起きている場所を中心に、全身の動きがスムーズになるよう、また可動域が少しでも広がり、筋固縮が進まないように様々なストレッチを組み合わせて行います。
以下は、パーキンソン体操の例です。
顔の運動
口を大きく開けて閉じてを繰り返し、口を閉じたまま頬を膨らませたり、顔をしかめたりゆるめたりします。
顔の筋肉のこわばりやしゃべりにくさを改善します。
頭と首の運動
頭を左右にゆっくり倒したり回したりします。
痛みが出ない程度に動かし、頭と首の筋肉をストレッチします。
肩や腕、手や指の運動
両手を合わせ、腕を頭の上に向けてゆっくり上げる、手を背中の後ろで握り上げ下げするなど関節の柔軟性を高め動きやすくします。
また、手指がスムーズに動くように手首回しや指回しも組み合わせます。
座って行う運動
1)椅子にしっかり座り、両手を頭の後ろに組み、体をゆっくり前に倒した後戻す(前屈)。
2)慣れてきたら座った状態から体をゆっくり左右にひねる。
3)座ったまま太ももの上げ下げや、膝の曲げ伸ばしをしてもよいでしょう。
体を左右にひねる場合は、椅子の背もたれに手をかけても良いですが、腕の力で体を引っ張るのではなく、あくまで体を支えるために両手で手をかけることが大切です。
上半身だけでも筋肉を伸ばすことで、全身の血行が良くなります。
立って行う運動
1)腰と足の筋肉を柔らかくするため、立ったまま体をゆっくり前に曲げる。
2)立ったまま体を左右にゆっくりねじり、横側の筋肉を柔らかくする。
3)壁に向かって両手をつき、胸をつけるように背筋を伸ばす。可能であれば壁に向かって緩く腕立てを行う。
いずれも両足は肩幅に開き、ゆっくりと呼吸をしながら動かすことで筋肉を伸ばし全身の循環を良くします。

東京の企業出張マッサージ「OASIS INC.(オアシスインク)」
関東地域の企業出張マッサージ「OASIS INC.(オアシスインク)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA