前十字靭帯

本日は前十字靭帯について書かせていただきます。スポーツによる膝のケガには、大きく分けて骨折・靱帯損傷・半月板損傷・軟骨損傷の4つがあり、このうちよくみられるのが、靱帯損傷と半月板損傷です。
近年では、積極的にスポーツに取り組む子どもとそうでない子どもの二極化傾向が指摘されており、運動不足による体力・運動能力の低下に加えて、過度な運動によるスポーツ傷害のリスク増加も懸念されています。
また、膝の痛みはスポーツに限らず、日常生活動作でも起こります。高齢者の場合は加齢による身体の変化が原因で膝に痛みが生じることもあり、変形性膝関節症や関節リウマチ、痛風といった病気の可能性も考えられます。痛みを感じた場合は早めに医療機関を受診し、正確な診断と適切な治療を受けることが大変重要です。
前十字靭帯損傷とは?
膝関節の構造と靭帯の機能
膝関節は大腿骨(太ももの骨)と、脛骨(すねの骨)、膝蓋骨(膝のお皿)の3つの骨で構成され、大腿骨と脛骨がグラグラしないように前十字靭帯、後十字靭帯、内側側副靱帯、外側側副靱帯の4つの靱帯でつながっています。
内側・外側側副靱帯は膝関節の両側にあり、膝の左右の動きを抑えて膝関節の安定性を高めています。一方の前・後十字靱帯は大腿骨と脛骨の間で交差しており、前十字靭帯は脛骨が前へ出ないように、後十字靱帯は脛骨が後ろへずれないように動きを抑制しています。
これらの靱帯が耐え切れないほどの強い力が加わって、伸びたり切れたりした状態を膝靱帯損傷といい、膝に加わった力の向きによって損傷する靭帯が違ってきます。
前十字靭帯損傷の原因
前十字靭帯損傷はスポーツによる膝外傷の中でも頻度が高く、バスケットボールやサッカー、スキーなどでのジャンプの着地や急な方向転換、急停止時に発生することが多いとされています(非接触損傷)。タックルを受けるなど相手との接触によって起こる接触損傷や、交通事故でも起こります。
前十字靭帯損傷の症状
受傷時は激しい痛みやブツッという断裂音(ポップ音)を感じることがあります。また、靭帯からの出血により関節内に血液がたまり、関節の腫れを伴います。受傷後は徐々に症状が改善し数週間で歩けるようになりますが、膝の不安定感や、膝が抜けるような感じ(膝くずれ)が生じることもあります。
前十字靭帯損傷の治療法
前十字靭帯は関節内にある靭帯なので血流が乏しく、一度切れてしまうと自然治癒の可能性はほぼありません。中高齢者には保存的な治療が選択されることもありますが、保存的な治療では前十字靭帯の機能回復は期待できないため、特に競技スポーツに復帰したい方には手術が勧められます。
保存療法
膝動揺性抑制装具(サポーター)を装着して、痛みのない範囲で関節の動きを改善する可動域訓練を行い、筋力低下を最小限にとどめるようにします。
手術療法
損傷した靱帯の代わりに、患者さん自身の腱(自家腱)を移植する「前十字靭帯再建術」が一般的です。手術は関節鏡を用いてできる限り低侵襲で行われます。

東京の企業出張マッサージ「OASIS INC.(オアシスインク)」
関東地域の企業出張マッサージ「OASIS INC.(オアシスインク)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA