坐骨神経痛

今日は坐骨神経痛について書かせて頂きます。

坐骨神経痛とは、坐骨神経に炎症が生じる事で、お尻や太もも、すね、ふくらはぎ、脚にかけて、しびれや痛みを感じます。そもそも坐骨神経に炎症が生じる病気が沢山あるので、坐骨神経痛は症状名の一つです。

坐骨神経痛とは腰から足にかけて伸びる人体の中で一番太い神経が圧迫や刺激を受けることにより現われる症状の事を指します。

腰から下の臀部(お尻)や太ももに症状が現れる事が多く、ふくらはぎ、足先などに鋭く電気が走ったような痛みや痺れ、ふくらはぎの張り、冷感・灼熱感、足のだるさなどがあります。

悪化すると慢性的に痛みや痺れが現われ、重度な症状になると排尿・排便障害になることがあり、特に中高年の方に多く見られる腰痛の症状です。

痛みで歩けない、いすから立ち上がることができない、といった状態になることがあります。症状が重症化すると排尿・排便障害になることがあり、特に中高年の方に多く見られる腰痛の症状です。

坐骨神経痛の原因とは?

皆さんも聞いた事があるだろう、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症だけでなく、椎間関節炎、梨状筋症候群、仙腸関節障害多くの病気が坐骨神経に炎症を引き起こします。

また、いつまでも続く坐骨神経痛の痛みは治療をしなければ、症状が悪化する可能性もあるため、早急に専門家に相談することをおすすめいたします。

また、長時間のデスクワークや運動不足などが原因で坐骨神経痛を引き起こすこともあります。坐骨神経痛を感じたまま放置すると、日常的にストレスを感じてしまいます。

ストレッチやマッサージをする事で筋肉をほぐし、血流を改善することで症状を緩和させましょう。

東京の企業出張マッサージ「OASIS INC.(オアシスインク)

関東地域の企業出張マッサージ「OASIS INC.(オアシスインク)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA