椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアに悩んでいるという声をよく聞きます。ヘルニアが発症する原因は完全に解明されてはいませんが、主に以下のような要因が原因になると考えられています。

  • 加齢
  • 姿勢や動作などの環境要因
  • 遺伝的な要因
  • 交通事故など

椎間板は髄核と呼ばれるゼリーのような組織を線維輪という繊維状のコラーゲンでできた膜で包んだ構造をしています。
加齢によって椎間板が老化すると、線維輪が破れてやすくなり、髄核がはみ出しやすくなってしまうのです。

また、椎間板は縦方向の力に強い良い反面曲げ方向やひねり方向の力に弱く、体を強くひねったり、重いものを持ち上げたりすることが多いと発症しやすくなります。
上記のような運動強度が高い行動の他、腰に負担のかかる姿勢で長時間椅子に座っていたりすることも発症の原因です。

体質や骨の形状などの遺伝的要因や、交通事故などの強い衝撃が原因になることもあるため、腰椎椎間板ヘルニアは誰にでも発症の可能性がある病気といえます。

腰椎椎間板ヘルニアの痛みを和らげる方法として有効なのが以下の事です。

  • 正しい姿勢を保つこと

正しい姿勢を保ち続けることができれば、腰への負荷を最小限に押さえることができるので、結果的に痛みを抑えることができます。例えばデスクワークの方ですと毎日8時間以上座っているので、その間中ずっと悪い筋肉の使い方をしているということです。明らかなオーバーワークです。正しい姿勢を保つためには、腹筋と背筋の筋力が必要です。
特にクランプなどの体幹運動は、腰に負担を与えることなく効率的に筋力アップをすることができるのでおすすめです。
また、腰回りの体脂肪を落とすことも負担の軽減につながるので、ウォーキングや水泳などの軽い有酸素も有効です。

 

東京の企業出張マッサージ「OASIS INC.(オアシスインク)

関東地域の企業出張マッサージ「OASIS INC.(オアシスインク)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA