脳梗塞のリハビリテーション

本日は脳梗塞とリハビリテーションについて書かせていただきます。脳血管障害ともいわれる「脳卒中」は、脳の血管が詰まったり、破れたりして、いろいろな脳の障害を来す病気全体をさしています。脳卒中は、1951年から約30年にわたって死亡の原因の第1位でした。現在では、その後の急性期治療の進歩により、がん、心疾患に次ぐ第3位となっていますが、脳卒中の患者の全体の数はむしろ年々増加しています。
「脳卒中」の中で、血管が詰まることにより起こるのが「脳梗塞」です。
脳梗塞では脳血管が狭まったり、塞がれたりすることで脳神経細胞に血液がいかなくなり、運動麻痺、感覚障害、高次脳機能障害、意識障害などのさまざまな症状が起こります。 脳に大きなダメージを与える脳梗塞は、治療後も後遺症として残ったり、数年のうちに再発したり……、さらには最悪の場合命を落とす可能性がある脳疾患です。「脳梗塞」の中でも徐々に進行していくものや、突発的に激しい痛みが現れるものなど種類によって特徴が異なります。運動麻痺や感覚麻痺などの自覚症状が現れる頃には既に病状が進行していることが多いため、生活習慣による日々の予防、もしなってしまったときは初期段階での発見・治療と適切なリハビリテーションが鍵を握っています。
脳梗塞を含め、脳卒中は発症後治療しても後遺症が残ることが少なくありません。脳の細胞がダメージを負うことで、体の麻痺や感覚の障害、脳に障害が残る可能性もあります。後遺症によっては、治療後も日常生活に影響が出ることもあるので、ご自分やご家族が脳梗塞になったときは、脳梗塞自体の症状だけでなく後遺症まで知っておくことが大切です。
運動麻痺
右上下肢あるいは左上下肢が動かなくなる症状。痙性麻痺と弛緩性麻痺があり、一般に麻痺は下肢よりも上肢に強いことが多い。脳梗塞が生じた部位によっては下肢に強い場合も。
感覚障害
触覚や痛覚が鈍くなる場合と逆に過敏になり痺れを感じる場合がある。脳梗塞発症後半年くらい経ってからしびれが強くなるケースも。
目の障害
視野が狭くなったり、物が二重に見える「複視」という障害、片目の視野が見にくくなる「半盲」という障害もある。発症後長期間にわたって症状が残る場合も。
構音障害
いわゆる呂律の回りにくさで、比較的回復しやすい場合と症状が長期にわたり残りやすい場合がある。
嚥下障害
食べ物を飲み込みにくくなる症状で、大脳の片側に病変が限られている場合は回復が見込めるが、延髄など脳梗塞の部位によっては回復が難しい可能性も。
高次脳機能障害
脳の損傷により神経に異常が起こり、運動障害や感覚障害が発症することをさす。一口に高次脳機能障害といっても、表れる症状はさまざま。
神経機能の回復のメカニズムはまだ良く分かっていないことも多いのですが、少なくとも早期にリハビリテーションを開始すると、機能予後は格段に良くなることが分かっています。リハビリテーションは体の運動機能の回復だけでなく、心理的・社会的な回復も意味しています。一人ひとりの障害・程度に応じたリハビリテーションを行うことで、その人がもともと行っていた日常生活にスムーズに戻れるようにしていくことが重要です。また、リハビリテーションは本人だけでなく、家族や友人などの周りのサポートや理解も重要なポイントとなってきます。

急性期
発症・治療直後は全身状態が変化しやすく、再度危険な状態になりやすいために生命維持が優先されます。治療後~14日はベッド上でのリハビリテーションが中心に。
ただし、「廃用症候群」※などを防ぐために、無理のない範囲でベッド周辺でのリハビリテーションを開始します。
急性期で行うリハビリテーション
・手足の関節を動かす
・麻痺のある手足を良い位置に保つ
・寝返りを打つ  等主にベッド~ベッド周辺で行う

回復期
急性期を脱し病態や血圧が安定してきた頃、症状に応じて様々なリハビリテーションが開始されます。基本的には、日常生活を行う上で必要な動作が行えるよう運動機能・嚥下機能・高次脳機能などを改善させるリハビリテーションが中心となります。
・基本動作の自立……寝返りをうつ、ベッド上で座る、ベッドサイドで立つ、自力で座る、立つ
・歩行訓練……バランス獲得、車いすへの移動、杖や歩行器などを用いた歩行練習
・応用動作の訓練……手芸や工作、その他の作業
・日常動作……食事やトイレ、着替え、入浴動作
・口周りの訓練……発声や舌・口・のどの筋肉を動かす運動
・顔周りの訓練……首回りや肩の筋肉を動かす運動・間接的嚥下訓練……凍らせた綿棒で喉の奥を刺激するなど
・直接的嚥下訓練……ゼリーや水などの食物を用いる飲み込みの練習

東京の企業出張マッサージ「OASIS INC.(オアシスインク)」
関東地域の企業出張マッサージ「OASIS INC.(オアシスインク)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA