頭痛に効くマッサージ

 

疲労やストレスによる頭痛、辛いものです。様々な年代の患者様が悩まれています。もし、簡単なマッサージで和らげることができたら、素晴らしいですよね。

今日は疲れや緊張によって起こる頭痛を和らげてくれる簡単なマッサージをご紹介します。

頭痛には様々な原因がありますが、眼精疲労や肩こり、ストレスによる頭痛は、今回ご紹介するマッサージで和らげることができます。

仕事中や移動中でもできるものもありますので、ぜひ試してください。

1、手のマッサージ

まずは手のツボのマッサージを試してみましょう。手には頭痛に効くツボがいくつかありますが、その中でも特に効果が高いのは、合谷(ごうこく)と片頭点(へんとうてん)です。職場や電車の中でもさりげなく押せるので、痛みがひどくなる前に手をほぐしてみましょう。

①合谷(ごうこく)

合谷は親指と人差し指の骨が交差するあたりにあります。頭痛に効くだけでなく、胃痛、便秘、肩こり解消にも効果がある万能ツボなので、覚えておくと便利です。

反対の手の親指を合谷に当て、心地よさを感じられる程度の力で押したりもみほぐしたりしましょう。

②片頭点(へんとうてん)

片頭点は小指の第2関節のあたりにあり、ずきずきした頭痛に効果があります。人差し指と親指でつまむようにもんでください。

2、目の周りのマッサージ

眼精疲労からの頭痛には、目の周りのツボをマッサージします。目の周りにあるツボの中で眼精疲労による頭痛に効果があるのは、攅竹(さんちく)と晴明(せいめい)、太陽(たいよう)です。PC作業の合間にマッサージを行うと、疲れ目の予防にもなります。

なお、目の周りは皮膚が薄いので、強くもんだりこすったりせず、心地よく感じられる強さを保つようにしてください。3秒かけて力を加えていき、3秒かけて緩めるぐらいの、ゆっくりしたペースで行いましょう。

①攅竹(さんちく)

攅竹は眉頭のすぐ下にあるくぼみです。人差し指を曲げ、第2関節を攅竹に当ててじわっと力を加えましょう。

②晴明(せいめい)

晴明は目頭と鼻の付け根の間にあります。親指と人差し指で鼻の付け根をつまんで、優しく力を加えます。

③太陽(たいよう)

太陽はこめかみのくぼみにあります。人差し指と中指を揃えて太陽に当て、指先で優しく円を描くようにほぐしましょう。

3、頭のマッサージ

百会(ひゃくえ)と風池(ふうち)は、頭痛全般に効くツボです。ゆっくりと腹式呼吸をしながら35分程度マッサージをすると、頭痛が和らぐのが実感できるでしょう。

①百会(ひゃくえ)
百会は頭の頂上あたりにあります。頭のてっぺんあたりで、押すと気持ちがいいポイントを探してください。

中指の指先を当て、まっすぐ下に向かって押しましょう。

②風池(ふうち)

風池はうなじの生え際にあります。後頭部の中心と耳との中間辺りにあるくぼみで、少し顔を上に向けると見つけやすくなります。

風池に親指を当て、息を吐きながらゆっくり頭を後ろに倒します。息を吐ききったらゆっくり頭を戻しましょう。

東京の企業出張マッサージ「OASIS INC.(オアシスインク)

関東地域の企業出張マッサージ「OASIS INC.(オアシスインク)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA