高齢者の骨折

今日は高齢者と骨折について書かせて頂きます。

まず、高齢者が骨折しやすい理由としてあがるのが次の3つです。

  1. 骨粗しょう症で骨そのものの強度が落ちる
  2. 筋力低下に伴い転倒しやすい
  3. 栄養不足で皮下脂肪が菲薄化する

これら3つの理由を解説していきます。

また、あまり知られていませんが、高齢者に多い糖尿病や腎機能障害のある方も、骨粗しょう症が一般の方より急速に進行し骨折しやすいといわれています。

骨を強くするのに役立つ栄養素の1つはビタミンDです。通常、ビタミンDは腎臓で活性型ビタミンDとなり、腸管からのカルシウムの吸収を促進することで、骨を丈夫にする役割があります。

しかし、腎機能が低下するとビタミンDを活性化できず腸管からのカルシウム吸収が低下します。血液中のカルシウムが足りなくなると、逆に骨のカルシウムを血液中に溶かし出すようになるため骨粗しょう症が進むのです。

1.骨粗しょう症で骨そのものの強度が落ちている

骨粗しょう症の有病率は加齢とともに上昇し、80歳代の女性では約5割が骨粗しょう症であると言われています。

日本における骨粗しょう症の有病者数は1300万人。うち女性だけで約1000万人と言われていますが、病院への受診率は低く、治療をうけている方は全体の約20%しかいません。

一度骨折をして病院で手術などの治療を受けたにもかかわらず、骨粗しょう症の治療をしなかった場合、骨折を繰り返すことになります。

2.筋力低下に伴い転倒しやすい

60歳を過ぎると筋肉量の減少が加速します。特に太ももを持ち上げる腸腰筋(ちょうようきん)の減少は、歩行時の足の動きが鈍くなったり、つまずきやすくなるため転倒の危険性が増加。その結果、骨折となりやすいのです。

3.栄養不良で皮下脂肪が菲薄化している

加齢により皮膚を形成する表皮、真皮、皮下組織の菲薄化(薄くなる)。そして、皮下脂肪の減少により、転倒時に骨を守るクッション機能が働かなくなり、骨折しやすくなります。

骨折しやすい部位には理由がある

また、高齢者の骨折の中でも以下の三つは特に多い骨折部位としてあげられます。

1.足の付け根の骨折(大腿骨近位部骨折)

2.胸から腰にかけての背骨の骨折(椎体骨折)

3.手首の骨折(橈骨遠位端骨折)」

これらの部位が骨折しやすい理由を紹介していきます。

1.足の付け根の骨折(大腿骨近位部骨折)

つまづいて転び、尻もちをついたときに多く起こる骨折です。特におしりの脂肪が少ない方は直接骨に衝撃が伝わり骨折しやすくなっています。
この骨折、通常は足を動かすことが出来ないほどの痛みを伴うため、救急車で病院に搬送されることになります。
しかし、稀に普通に歩くことが出来る方もいるので、歩けていても折れている可能性があるため要注意です。

2.胸から腰にかけての背骨の骨折(椎体骨折)

背骨はだるま落としのような円盤のような骨が積み重なった構造をしてます。骨の強度が低下することで、この円盤がつぶれてしまうために起こる骨折。特に多いのは胸腰椎移行部(S字の後弯から前弯に移行する場所)です。

3.手首の骨折(橈骨遠位端骨折)

転倒して手をついたときに起こりやすい骨折です。転倒しやすく骨粗しょう症の高齢女性に多く見られます。

 

これらの部位の骨折は多く、注意が必要です。だからと言って外出を控えたり運動を控えると体力が落ちてしまいます。とにかく転倒に注意しましょう。

東京の企業出張マッサージ「OASIS INC.(オアシスインク)

関東地域の企業出張マッサージ「OASIS INC.(オアシスインク)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA