X脚

本日はX脚について書かせていただきます。X脚とは、文字どおり、脚がXの形に変形してしまうことです。正常な形であれば、脚はアルファベットのIの形のようにまっすぐになります。しかし、X脚は、太ももの骨である大腿骨と、スネの内側にある細い骨である脛骨(けいこつ)が、内側に反ってしまいます。X脚は女性に多い症状です、なぜなら、X脚自体が内股気味の形状を指すので、普段から内股である女性に多く現れる症状なのです。
X脚は、初期症状としては、外見の異常のみで実害はありませんが、症状がひどくなり、変形が過度になると、痛みが発生することもあります。

X脚のチェック方法

次に、まず自分の脚がX脚なのかどうか確かめる必要があるので、X脚のチェック方法を見ていきましょう。
チャックポイントは、簡単で4つあります。「太もも」「ヒザ」「ふくらはぎ」「内くるぶし」の4つです。
まず、脚を閉じた状態で、直立します。
その状態で、4つのチェックポイントが、それぞれ離れているかくっついてるかを見ます。

X脚は、太ももとヒザはくっつきますが、ふくらはぎと内くるぶしはくっつかず離れていて、正面から見ると、Xの形をしていることを言います。

X脚の原因

次に、「X脚の原因」について見ていきましょう。
X脚は、どのようなことが原因で生じてしまうのでしょうか?
端的に言えば、X脚は、股関節やヒザ関節などの「関節のゆがみ」によって引き起こされます。
関節が内側にねじれ、歪んでしまうことにより、脚が正常なバランスを維持できなくなり、X脚をもたらしてしまうのです。

では、その関節のゆがみがなぜもたらされるかというと、その原因はさまざまあります。
例えば、立ったり座ったり歩いたりする姿勢が悪かったり偏っていたりすること、ヒザや腰などに負担がかかる靴を着用し続けること、骨を作る材料であるビタミンDの不足や遺伝、関節の緩みによっても、関節のゆがみを通して、X脚は引き起こされます。

X脚改善の歩き方・立ち方

歩き方や立ち方に問題があることで、関節のゆがみが生じ、X脚がもたらされるのであれば、当然、まず歩き方や立ち方を改善する必要がありますよね。
「X脚改善のための歩き方・立ち方」を見ていきましょう。
まず、歩き方のおすすめは、ヒザを少し緩めての「足裏全体着地」です。
一般的には、かかと着地が正しい歩き方とされていますが、かかと着地は、衝撃吸収という観点から見ると、賢明とは言えません。
高いところからジャンプして飛び降りる際などは、必ずつま先で着地します。かかとで着地すると、衝撃が吸収できないからです。
ですので、衝撃吸収に優れた、やや前傾姿勢の足裏全体着地が好ましいのです。
また、立ち方は歩き方同様、ヒザを少し緩めて、余裕をもたせたほうが足に負担がかかりづらくなります。

東京の企業出張マッサージ「OASIS INC.(オアシスインク)」
関東地域の企業出張マッサージ「OASIS INC.(オアシスインク)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA